カミソリで処理をすると黒いポツポツが残る?

カミソリで処理をすると黒いポツポツが残る?

カミソリで処理をすると黒いポツポツが残ることがよくあります。カミソリでムダ毛処理をすると黒いポツポツが残るのは、自己処理ではうまくそれないからです。肌の表面はキレイな平らな状態ではなく、凹凸があります。

 

凹凸に合わせてカミソリを動かすのは至難の業です。黒いポツポツの原因は、カミソリでそることで皮膚の中の毛をちゃんと処理できていないことにあります。『黒いポツポツ状態になると、毛が太くなってしまって汚く見えてしまいます。』

 

黒いポツポツというのは、皮膚に隠れた埋もれ毛の毛根部分で、そっても変化がなく、汚い肌に見えてしまうのです!

 

そのため、カミソリでそっても、どうしてもキレイにはなりません。カミソリにたくさん泡をつけてそっても黒いポツポツは残ります。抜いてしまえば毛穴に残ることはないので黒いポツポツはなくなるのですが、抜くと毛穴に負担がかかります。

 

比較的キレイに仕上がるのが除毛クリームで、ムダ毛だけに働きかける有効成分が毛穴の奥まで入るので黒いポツポツが残りにくくなります。ただ自己処理では限界があるので 、黒いポツポツにならないようにするには、脱毛サロンで永久脱毛するのが一番です。